【完全版】 童貞からの日記 a.k.a サブカルへの日記 【2018-】

J-POPに片思いしていた / 過去の備忘録 / ミニブログ的な、何か / 貧乏生活上等 & 完全嫌儲主義

 スイートブールというパンが好きだ、程よい甘味、そして、このボリューム、たまらない、そして、今、そいつを食べている、そして、部屋では、エアコンを送風にし、掛け布団にくるまって、ももクロChanのブルーレイをぼーとしながら、眺めている、こういう、さり気ないバラエティが大好きだ、僕も気楽に生きよう、いつか、彼女が出来たら、この部屋でだらだらしたいけど、汚部屋すぎて拒否られてしまうかもしれないというより、恋人なんか、この貧乏デブスに出来るのか、本当に、それってもはや、奇跡ではないか、あー、彼女欲しい、
 程よく、人生に目的を持ちつつ、無意味な人生を歩もう、ももクロChanを見ていると、人生で大切なことなんて、そんなに多くはないかもしれないと思わされる、なんとなく、いい感じに生きるために、これからもブックオフでディグを続ける、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 今日もサブスクLIVEでサコヤンのバンドのライブ映像を見ている、僕の中では、こういう音がロックの音なんだ、今って、メインストリームで歪んだ音でバンドやってる人たちってだいぶ、少なくなってきているように感じるけど、まー、時代が変われば、求められる音も変わるよな、てか、そもそも、歪んだ音じゃ、アリーナとかじゃ、パフォーマンスが成り立たないのかもしれないけど、銀杏も武道館が似合ってなかったし、
 それにしても、俺はギターが弾けない、オクターブ奏法だって、まともに音が出ない、まー、焦るな、俺よ、俺はプロでもアマチュアでもなく、ただの素人じゃねーか、少しずつ、進歩していけばいいんだ、やっぱり、アジカンって凄いんだな、俺は今、NICE IDOL(FAN) MUST PUREを見ている、アイドル、最高、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 ブックオフで買った、500円で買った、ガガガの弱男の夕を見ている、これが青春パンクなんだ、この熱さ、この男気だけで鳴らす、パンクサウンド、最高じゃないか、青春パンクは死んでも、ガガガは死なない、それすなわち、青春パンクは死んでないってことだ、銀杏もサンボも変わってしまったけど、ガガガはどうだろう、変わってないといいな、
 サンボの一番最初のライブDVDを見ている、ガガガは情熱だけど、サンボのこの情報量はなんなんだろう、なんで、こう、いちいちロックンロールしまっくっているんだろう、凄いな、サンボ、こんだけ、才能があるんだから、そりゃ、今も第一線でやっていけるよな、ほんと、凄い、誰よりもロックンロールだし、誰よりもロックンロールの申し子だ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

  サカサマのライブ映像をユーチューブで見ている、今のサカサマの音楽は王道中の王道のアイドルポップスだ、パフュームみたいな打ち込みテクノポップのインディー版だ、ゼアゼアとかヤナミューは、バックのオケのサウンドにフックがいっぱいあるから惹かれやすいけど、音楽の本質なところで言えば、サカサマもゼアゼアとかヤナミューに劣らない音楽を鳴らしていると思う、だけど、正直、曲はすごくいいのだが、王道過ぎてフックが少ないのだ、そこで、寿々木ここねと朝倉みずほのキャラクターである、ロックバンドもそうかもしれないけど、結局、演者が何者かということだ、それがロックバンドも含めたJ-POPの肝心な所だ、
 僕の推しは寿々木ここねと間宮まにだ、前まではやくしまるえつことか大森靖子とかのムサビ組に惹かれていたが、今は、服飾系の人たちに惹かれている、色んなものは変わっていくのだ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 相変わらず、ニャイとかサコヤンのライブをサブスクLIVEで見ている、スーパーカップのバニラを食しながら、ニャイとかサコヤンのライブをサブスクLIVEで見ている、いいライブだからだ、今月のギターマガジンもオルタナ特集で買いだ、ロックっていう表現はオルタナティブじゃないとつまらないのだ、それか、どこまでも正統派じゃないとやる意味がないのだ、はずしていくか、あてにいくか、それしか、無いのだ、ニャイもサコヤンも正統派のオルタナサウンドだ、もはや、オルタナってジャンルにもスタンダードがある時代だ、
 またもや、話は変わるが、人は成長とともに好みが変わる、俺は童貞だった頃は、ガッキーみたいな清純派が大好きだった、コカインで捕まった、高部あいの握手会に通ってたくらいだ、一回だけ、セックスをした後は、吉高由里子みたいなセックスもやってそうな、変な女性にハマった、そして、俺の人生の中の唯一の彼女が出来て、別れてを通過したあとは小松菜奈みたいなモード美女、あるいは姫乃たまみたいなサブカル女性に胸をトキメかした、そして、今、一番胸をトキメかすのは女性ならではホモソーシャルの中で生きてそうな女性だ、それが自分の中では寿々木ここねだ、多屋澄礼とか多屋来夢も女性たちと女性を楽しんでる感じがいいのだが、寿々木ここねの感じが今のベストなんだ、やくしまるえつことか大森靖子は男性のホモソーシャルに憧れていた女子って感じがするけど、山戸結希とか枝優花とかの映画とか、もっと分かりやすく、言えば、カルト映画、ひなぎくなのだけど、とにかく、女性のホモソーシャルに憧れる、キモいデブスなんです、セックスを経験しても、大人になんかならないで、男なんて必要としないで、いつまでも、モラトリアムを続けてよ、そこの少女よ(って、そこの少女ってどこにいるんだよ)

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 今日もサブスクLIVEでサコヤンがバンドで出ているライブを見ている、サコヤンの音はカッコいい、やっぱり、ライブだよな、ライブハウスで見てるわけじゃないけど、やっぱり、ライブだよ、ニャイってバンドもとあるブログで名前を見てたけどLD&Kに所属していたとは、ニャイってバンドを見ているとスーパーカーとかナンバガなどのあの頃のオルタナバンドの功績がもろにわかる、それにしても、サコヤンのバンドもニャイってバンドもカッコいいな、まだまだ、世の中にはカッコいいバンドがたくさんいるんだ、
 話は変わるが、サカサマの寿々木ここねが尊い、顔が可愛いとか、そういう次元じゃないんだ、サカサマはみずほ氏も尊いけど、みずほ氏は天然記念物だから、寿々木ここねみたいなサブカルガールとは違う、自分ももっと、もっと、サブカルを摂取しないと、自分も、いつかは寿々木ここねみたいなナイスなサブカル著名人になりたい、努力したら、それなりの見返りがあるということも知ってるはずだから、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 サブスクLIVEでサコヤンがバンドで出てるライブを流している、売れてないバンドって、やっぱり、売れてないバンドなんだけど、それでも、面白みがあるんだ、サコヤン、ボーカルもギターも上手くないんだけどね、まー、ギター弾けない、音痴の天才の俺が言うなって話かもしれないけど、宅録である程度のものを作るなんて、誰でも出来る、もちろん、の子くんの世界観とか、トーフビーツのクオリティはさすが、プロだし、リスペクトすべきものなんだけど、だけど、全く才能のない奴でも、エレキギターを鳴らせば、楽しい、黒人が生んだ、ロックンロールはプロのための音楽かもしれないけど、白人のための音楽、ロックはアマチュアのための音楽だと強く思うのです、だから、峯田和伸はカリスマを気取る、インディーの活動の中で、どうにもならない、生活の中で音楽を聞いたり、音楽を鳴らすのは、実はとても、アナーキーな行為なんではないかと、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 久しぶりに相対性理論を聞いている、ユーチューブで聞いている、それも、相対性理論っぽくていいのかもしれない、久しぶりに相対性理論を聞いているということで、永井聖一のギターを聞いてるわけだが、控えめなのがいい、鳴らすべき音は鳴らしているが、決して、主役になろうとしない、それは伴奏を担当するものなら、当たり前なのかもしれないが、それでも、素晴らしいと思う、でも、やっぱり、相対性理論というのはやくしまるえつこの歌声と永井聖一のギターなのかもしれない、やくしまるえつこのキャラクターによく合ったギターを弾いているんだろう、きっと、まー、当たり前か、単音ばかりなようでコードもフツーに弾いているじゃないですか、永井さん、まー、決して、相対性理論やくしまるえつこのキャラだけに頼ったバンドじゃなくて、永井聖一のギターとか海外のインディーバンドっぽいからこそ、相対性理論サブカルっぽいんだと思われる、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 奥田民生WOWOWでやっていた、武道館のやつを見ている、結局、ギターとキーボードが和音を重ねていて、ベースとドラムのリズム隊が確かに力強く、それを支えているだけなんだ、ギターもキーボードもソロは入るけど、今の奥田民生のバンド構成は4人だし、ギターがコードでリズム、そして、キーボードがオブリガードを鳴らすとかでもない、本当の実力のある者だけが許される余裕のステージパフォーマンスだ、言っちゃえば、ギターウルフのロックンロールの作りとそう、変わりはしないのかもしれない、そう、本質的には、これが、ロックンロールだというステージだ、最高、よし、弾けないギターの練習をしよう、いつか、弾けるようになる、その日まで、ギターが弾けなくても、ハイコードでスリーコードとかやってるだけで楽しいんだ、ロックンロールはただの娯楽、俺は死ぬまで遊んで生きてやる、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 NICE IDOL(FAN) MUST PUREという10年ほど前に出たDVDにハマっている、なんか、アイドルというジャンルが好きだし、ドルヲタというものが嫌いだけど、ちょっと興味があるのだ、ちなみに、IDOL NEWSINGというDVDもブックオフで取り寄せた、NICE IDOL(FAN) MUST PUREに関連するDVDだ、また、無銭現場に行きたい、こういう社会情勢なので、ショッピングモールでやっていたような無銭現場が復活するかどうかは怪しい、だけど、都内ではドリンクオーダーのみの地下アイドルのライブはちらほら、あるっぽい、だけど、今のこのコロナに対する状況だと正直、まだ、怖い、安全なワクチンとか確実に効く、治療薬とかがあればいいのだが、まー、焦らずに行こう、今は来るべき時のために、自分のレベルを上げるべき時だ、仮にそれが自己満足だとしても、って、僕は毎日文章は書いているが、内容はほぼ同じようなもんだ、しょうがない、僕が文章に出来ることはそんなに無い、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 今日は3月29日、ブックの日なので、ブックオフに行ってきた、取り寄せていた、ガガガとスタパンのDVDを買い、店頭で見つけた、サニーデイのライブDVDを買った、自分なりに、お金と相談して、納得のいく買い物が出来た、お金は有限だ、だから、ケチケチ生きよう、今は、スタパンの古い方のライブDVDを見ている、まだ、インディーズの頃の作品だ、正直、どの曲も似たり寄ったりなのだが、パンクロックなんてこれでいいよな、パンクロックなんてこんなもんだよなと言った感じで、最高にアガる作品になっているんだ、俺の始まりはやっぱり、青春パンクなんだ、で、それのルーツになってるのがブルーハーツ、青春パンクとは違うが、エルレやテンフィートを辿れば、ハイスタがいるだろうし、ブルーハーツとハイスタはやっぱり、偉大なんだ、バンドっていいな、日本にも日本人なりのロックがあるはずなんだ、僕はそこに触れていたい、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 豊田さんのSING A SONGというアルバムを聞いている、この音で、このアルバムが素晴らしいのは決まってしまっているわけだが、僕は、やっぱり、豊田さんの歌声が圧倒的だと思う、なんか、この歌声でうたわれることでフォークソングフォークソングとして機能しているんだと気付かされる、ボカロを始めとする、シンセミュージックにはない、趣だ、ボカロやDTMなんて、レベルを問わなければ、誰でも出来る、逆に言えば、DTMで天下を取った、トーフビーツはそれだけ、高レベルということだ、誰もが知るように、自分もギターの練習しなくちゃ、
 豊田さんのアルバムは素晴らしい、フォークは生活に馴染む、名も知らない人がこんな曲をうたっても好きになるか、わからないけど、豊田道倫というブランドの持つ力だ、そして、そういう、ブランドは今までの時代は、音楽を聞くとき、大きかったと思われるのだが、これからはどうなんだろう、なんか、もっと、ラフになってもいいと思うのだが、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 今日もアンディモリのDVDを見ている、やっぱり、ライブDVDは楽しい、特にバンドのライブDVDはロックの参考書代わりになる、なぜって、リズム、ベース、バッキングの音がわかりやすく聞こえるからかもしれない、別に、ギター弾けないけどさ、
 アンディモリのあとは、スタパンのDVDを見ようと思う、だって、スタパンもパンクロックという名のロックンロールなんだから、ロックンロールはいい、腹は満たされないし、未来もないけど、たしかに、聞いてる、今は楽しいんだ、
 早いエイトビート、そいつがあれば何も要らないのかもしれない、だって、ロックンロールってエイトビートだから、そして、早いエイトビートはパンクロックだから、ボカロでいくらBPMが早くたって、そんなの馬鹿でも出来る、バンドは生演奏なんだ、だから、こんなにもスペシャルで、輝いているんだ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 今日から、また文章を書こうと思う、10日ぶりくらいだ、さよならを教えてというエロゲーに出会って、人生に意味なんか、求めちゃいけないと思った、だけど、楽しいから、ちんかすナルシストの自分は自分の文を読み返したり、自分の作ったボカロを聞き惚れてる時は、楽しいから、そして、そんな時くらいしか、救いがないから、ほんと、俺は残念な奴やで、だけど、残念な人生しか生きれないから、しょうがないからブログを書く、
 自分は何度も言うが、統合失調症というパブリックエネミーな病気なので、今日は父さんの運転する車に乗って精神病院に通院してきた、パブリックエネミーなキチガイだからこそ、ちゃんと診察を受けたり、ちゃんと処方された薬を飲んで、なるべく、人という人、物という物に危害を加えないようにするのだ、俺はホント、マザーファッカーなクズなんだ、
 そして、父さんとスシローで昼食を食べた後は、一旦、家に帰って、幕張に、一人で行ってきた、ブックオフに行ったり、イトーヨーカドーの中のくまざわ書店とかを眺めた、ついでに、人間観察もした、俺の唯一の趣味は人間観察なのだ、なんて悪趣味なんだろう、そして、やっぱり、街を見下ろすと生きてる心地がするんだ、幕張という田舎ながら、そこで自分以外の人が生きているということは素晴らしいことなのだ、俺は人が嫌いだがな、もちろん、自分の部屋でアイドルのDVDを見てる時もそれはそれで楽しいんだけどね、まー、つまりはバランスだ、まー、そういうことだ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

 ロマンポルシェ。を聞く、テクノポップテクノポップ、ギターがまともに弾けないからロマンポルシェ。、ボカロPにでもなろうと思う、
 電気グルーヴの古いアルバムを聞いている、ギターを使っていても、ギターソロがあっても、打ち込みなら、ループしているなら、それ、すなわち、テクノポップなんだ、
 大森靖子の音楽を聞いているのだが、これも元を辿ればシーケンス文化から生まれた音楽のように感じる、それにしても、ハイテンションだし、音数多いし、最高
 関係ないけど、このブログもしばらく書くのを辞めようと思う、まー、誰も見ていないのだから、わざわざ、宣言しなくてもいいのだけどね、自分の人生なんてロックを聞いてるだけの、つまらない人生、なんだ、そんな、自分には改めて書くことなんか、特にないんだ、俺はさよならを教えてに出会って、決めたんだ、ただ、生きるんだと、生きていくことに、意味なんか求めないんだと、そうしないときっと、生き辛いから、今は相対性理論を聞いている、大好きだ、面白いから、
 これからも、ロックを聞き続けよう、結局、サブカルを極めることは出来なかったし、俺はただの駄目人間、だけど、本当にロックが好きなんだ、それだけでいいじゃないか、それ以上でも、それ以下でも、ないぜ、俺の人生、あー、幸せになりたい、ネタが無い人生の中で、ロックと一緒に生き延びていく、DTMもある、下手くそでも暇つぶしにもなるし、ちょっとは夢もある、彼女がいなくても、音楽はある、そんな寂しいやつだけど、死ぬわけにもいかないもんで、もう、書くことないよ、ほんと、今までどうかしていたんだ、二年以上ブログを続けていたなんて、まー、無職だしね、基本ていうか、いつでも、暇なわけだし、ほんとこれも、さよならを教えてのおかげなんだ、ただ、生きていればいい、多分、誤解だけど、僕にはそう聞こえたんだ、ただ、生きていればいい、そんなに力むなよ、生きるのを楽しもう、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/