【完全版】 童貞からの日記 a.k.a サブカルへの日記 【2018-】

J-POPに片思いしていた / 過去の備忘録 / ミニブログ的な、何か / 貧乏生活上等 & 完全嫌儲主義

人間なんて飯食って、セックスをしていればいいんだ、そして、そのために男は仕事をする、いい女を抱くために、なるべく多くの金を稼ごうとする、そして、そういうやり方が一番無難だ、だけど、俺はあの時、ゴイステにヤラれて、銀杏にヤラれて、つまり、ロックバンド、ロックスターにヤラれたのだ、結局は現実逃避の類なのかもしれないが、今となってはそれをも超えてしまったのだ、俺はロックスターにもなれない、俺はアイドルと結婚も出来ない、当たり前だ、今までの俺は何を勘違いしていたんだ、夢の方が現実なんかより何倍もクソゲーだよ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

1月4日月曜日、35歳、2021年の始まりは、第二の人生の始まり、きっと、今まで恋をした色んな女性に会えるんだ、きっと、今なら、そんな、どうしようもないほどの空想も信じれる、やっぱり、アイドルはこの世にはいない存在なんだ、いるけど、いない存在、それをやっと、認識出来たかもしれない、今は銀杏のこの前のアーカイブを見ている、銀杏が僕のはじまりでおわりなんだ、そこにはサンボもある、、本当の意味でガチ恋を卒業出来た日、サッドボーイとライオットガールについて、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

12月30日、時間は23時を過ぎている、もうすぐ、大晦日になる、やっと、銀杏のアーカイブが見れた、、僕は銀杏とサンボのコアではないけどファンだ、それ以外のバンドやアイドルは全部、にわかファンだ、てか、ただの、音楽に救われているキモい中年だ、サンボは闘う人を勇気づけるうたを聞かせてくれる、銀杏は峯田和伸は自身が闘う姿を見せてくれる、サンボは大きな世界の成功者だ、銀杏は小さな世界の成功者だ、それだから、銀杏は峯田和伸は大きな世界の勝者になるために闘う、きっと、アビちゃんもチンくんも村井くんも今でも闘っているのだろう、そんな姿を時々見ることが出来るし、銀杏が戦うなら、あの4人が今も戦っているなら、僕も夢を叶えるために戦う、例え、死ぬまで叶わなかったとしても、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

僕は統合失調症患者という、パブリックエネミーなクズだ、みんな、俺のことをクズだと思っているだろう、というより、誰も俺に興味なんかないだろう、、そして、この持病には誰かに見られていると感じる、症状がある、もし、そんな人がいるなら、俺と仲良くなりたくて見てる人がいるなら、それはきっと幸せなことだ、そんな感覚もあるのだが、それは病気の症状だと言い聞かせる自分もいる、だけど、いつか、ひとりくらい友達が出来たらいいなと願うくらいだ、いつも以上につまらないポエムだが、夢と現実の間を生きるのだ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

駿河屋で買った、絵恋ちゃんのブルーレイアールを見ている、軽く、、なんだか、素敵な現場だなと思った、もちろん、その集団に属しているといろいろ面倒なこともあるのだろう、だけど、それを感じさせない、素敵な映像作品だ、、僕もいつか、恋人、あるいは、親友がまた、いつか出来るだろう、そう信じてるし、そんなうれしい予感がするんだ、セックスがしたいわけじゃない、回数は少ないがセックスも経験済みだ、そうじゃなく、孤独というものから逃れたいのだ、もちろん、孤独というものが悪いだけではないのだが、そろそろ、孤独だけじゃ満足できないんだ、きっと、、絵恋ちゃん、最高、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

でんぱ組の音楽が部屋の中で流れる、そんな部屋で過ごす日常はなんだか、楽しい、甲本ヒロトも言っていたが、楽しむのと楽をするのは違う、甲本ヒロトの信者ではない自分は実際にどう意味で言ったかは知らないが、楽しむ姿勢がないと、楽しめないということなのだと思う、めちゃくちゃお金が無いわけではないが、めちゃくちゃあるわけじゃない、だけど、楽しむ姿勢だけはキープオンしたい、そんな、俺、、きっと、何かしらいい事があると信じて、生きるしかないじゃないか、でんぱ組の音楽をはじめとするポップカルチャーは、それでいいときっと言っている、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

サーバーが重くて、銀杏のスマホライブのアーカイブが見れない、これが配信ライブの弱みだ、だから、俺は銀杏以外の配信ライブはチケットを購入しないと決めた、来年のサンボも楽しみにしていたが、見る気が失せた、、俺は所持金も少ないので、いい言い訳が出来て良かった、、これは全て、そんなサーバーがいけないのだ、そして、そんなものに頼って、商売しようとしている音楽業界が悪いのだ、正直、スゲーイライラしている、俺はほんとに駄目な奴だ、しかし、誰がなんと言おうと、この感じが配信ライブの弱点だ、、お金は有限だ、大事に使おう、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

銀杏ボーイズの音楽の世界観というのはどこまで行っても、負け組の人のためのものなんだ、アレックスでは普通の幸せを手に入れられなかった主人公、年末のスマホライブのアンコールでうたった、東京と夢で逢えたら、結局、結ばれない恋、それでも、夢で逢えたら、、僕はなんで、銀杏ボーイズを今だに聴いているのか分からない、俺は決して、勝ち組ではないが、俺みたいなぬるま湯で暮らしてる人間のための音楽では決してない、だけど、あの頃、あの4人の銀杏ボーイズがあったから、今がある、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

12月26日土曜日、時刻は20時07分、銀杏のスマホライブをスマホで見ている、パソコンが今無いので、、やっぱり、カッコ良くないと駄目だ、女のケツばっかり追いかけている場合じゃない、カッコいい男になって、堂々としてたら、彼女の一人くらい出来るだろう、あの頃、峯田和伸に憧れたように、今もロックスターに憧れていればいいんだ、背伸びばかりして、ロックスターの真似ばかりしてたらいいんだ、そうしたら、きっと、いつか友達なり、恋人なり出来るだろう、あの頃を思い出そう、銀杏ボーイズの四人に胸を焦がしていた、童貞だった、あの頃、、ボーイズオンザラン、ボーイズオンザラン、ボーイズオンザラン、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

希望どおり、うまく、いくといいな、、今日は12月25日、クリスマス、相変わらずの日常、思い描くように、すべてのことが、なるべく、全てのことがうまくいくといいな、明日は銀杏のスマホライブがある、今は愛地獄を見ている、Mステのスペシャルには坂道やAKB、Perfumeなどが出ていた、みんな、可愛かった、、いつか、自分にあった彼女が出来たらいいな、、やるべきをこなせるように、いつか、心から笑えるように、明日は銀杏のスマホライブ、来年こそ、、いつかばかり夢見ているボンクラで、生きてはいるけど、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

今日はやっぱり、クリスマスイブ、オンラインの駿河屋で買った例のブツを取りに、千葉駅に行ってきた、そう、今日はやっぱり、クリスマスイブ、意外と、というか、自分が見落としていただけかもしれないが、街には女性だけのグループも結構、多い、例え、今日がクリスマスイブだとしても、そう、クリスマスイブはみんなのためのものなのだ、そして、女性は男なんか眼中に無いんだ、アウトオブ眼中なんだ、男は気持ち悪いくらい女性が好きだけど、、俺も汚れきった中年だし、おまけに金もない、そんな男は死ねばいいんだ、ヒャダインのような可愛い男性になりたいが無理なので、永野を目指す、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

今日はクリスマスイブ、今はクリスマスプレゼントのアンディモリのDVDを見ている、今年のクリスマスプレゼントはたまこまーけっとのブルーレイとたまこラブストーリーのブルーレイとアンディモリのDVDだ、どれも中古品なのですがね、金がないからしょうがないよな、、だけど、風俗にも行かず、レンタル彼女も使わず、パパ活もしてないのだから、これくらいの贅沢は許してほしい、、畜生、俺も金で女を買いたいぜ、愛なんて信じてないぜ、、だけど、昨日、サンボのCDを聞いて思ったのが、僕には、確かに、勝手にサンボや銀杏などの音楽がそばにある、そう感じる、それだけでイッツオールライトだ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

今日は12月23日、かえぽが結婚した、だけど、きっと、かえぽは歌い続けてくれる気がするんだ、それがスゴい、嬉しいのだ、プライベートのかえぽはかえぽの旦那様のものだとしても、歌ってる時は、アイドルしてる時はみんなのかえぽだ、もちろん、そのみんなにはかえぽの旦那様もこみで、、そう思えるのが、とても、嬉しいのだ、ソロのかえぽの時の作家陣も豪華だし、長い目で見た活動をしているという感じが本当に最高なんだ、アイドルのかえぽとまだ一緒に生きれる、距離がこんなにあったって、プライベートは旦那様のものだとしても、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

dアニメストアげんしけんを見ている、こんな、こんなのでいいから、こんな、大学生活を送りたかった、だけど、世の中はそんな、楽しいことなんて、きっとない、世の中は嘘で出来ている、そんな、当たり前のことに気付いたり、気付かなかったり、だけど、自分はホントの自分でいたい、、げんしけんは面白い、どこにも無い、青春群像劇だから、だから、僕は夢を見る、ホントの自分はこのままで、満足出来ない人生で、僕はげんしけんを見る、、嘘で自分を固めるくらいなら、夢を見て、ホントの自分を受け入れる、げんしけんはいいもんだ、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/

久しぶりに、オナマシのDVDを見ている、というか、流している、、俺はどんなに年齢を重ねても、オナマシが似合うダメ人間でありたい、そう、出来るなら愛されないダメ人間じゃなく、愛されるダメ人間になりたい、俺にはセックスよりもオナニーが似合う、それは仮に最愛の恋人が出来ても、、俺はどんな時も負け犬体質だ、オナマシのカッコ良さを何に例えることが出来るだろう、僕は自分の人生を生きたい、誰かの人生じゃなくて、自分の人生を生きたい、そんな自分の味方であって欲しい、オナマシには、

 

https://ryoichirootsubo.jimdofree.com/